第20回日本音楽療法学会学術大会(20th Annual Meeting of the Japanese Music Therapy Association)

学術大会のご案内

G-1 基調講演

音楽の存在意義と音楽療法への寄与
ケネス・エイゲン
ケネス・エイゲン

Why Does Music Exist and What are the Implications for Music Therapy?
In trying to explain why music therapy is such an effective modality, some theorists look to the origins of music as a possible explanation. The rationale is that if we understood why music exists, we could have insight into how it benefits human lives in a variety of ways. Some theorists look to evolutionary theory to explain how music enhances survival; other theorists look to infant development theory to show how music is the basis of human relationship. This talk will consider the different theories about the origins of music, discuss how they relate to each other, and conclude with thoughts regarding the implications of the different perspectives for music therapy theory and clinical practice.

音楽の存在意義と音楽療法への寄与
音楽療法はなぜ効果的な治療媒体になり得るか、という説明を可能にするために、理論家が音楽そのものの起源を見直すことがある。その根拠は、我々が音楽の存在意義を理解することで、人間にとって音楽が意味する様々な現象を洞察できるのではないか、ということにある。進化論を用いて音楽がサバイバルを強化する、という視点もあるであろう。乳幼児の発達理論という観点から、音楽が対人関係の基盤になり得る、と考えることもできる。本講演では、音楽の起源に関する様々な理論を検討し、それらの相互関係について議論する。そして、音楽療法の理論と臨床実践における異なる視点の関係性について考察する。

プロフィール

Dr. Kenneth Aigen is an associate professor and director of the music therapy program at New York University. He has lectured internationally and authored numerous publications on Nordoff-Robbins music therapy, qualitative research, and music-centered music therapy. He has three books in translation: Paths of Development in Nordoff-Robbins Music Therapy (Japanese & Korean); Music-Centered Music Therapy (Japanese & Korean); The Study of Music Therapy: Current Issues and Concepts (Chinese & Korean). Dr. Aigen is president of the Nordoff-Robbins Music Therapy Foundation and a Trustee of Nordoff-Robbins International. He is also a past–president of the American Association for Music Therapy and was the scientific committee chairman for the Ninth World Congress of Music Therapy held in Washington, D.C. in 1999. Honors include the Research and Publications Award from the American Music Therapy Association, the Lindback Award for Distinguished Teaching from Temple University, and the Steinhardt Award for Excellence in Teaching from New York University. His current research is focused on the everyday uses of music by adults on the autism spectrum.

ケネス・エイゲン博士は、ニューヨーク大学音楽療法学科長および准教授。世界各地で教鞭を執り、ノードフ・ロビンズ音楽療法や質的研究、音楽中心音楽療法に関する著書が多数ある。
邦訳本 : Paths of Development in Nordoff-Robbins Music Therapy (日本語と韓国語):障害児の音楽療法-ノードフ・ロビンズ音楽療法の質的リサーチ、中河豊訳、ミネルヴァ書房、2002;Music-Centered Music Therapy (日本語と韓国語):音楽中心音楽療法、鈴木琴栄:大裕共訳、春秋社、2013; The Study of Music Therapy: Current Issues and Concepts (中国語と韓国語):音楽療法の研究-理論と課題-。
役職 : ノードフ・ロビンズ音楽療法基金の理事長、世界ノードフ・ロビンズ音楽療法トラストの役員。また、旧アメリカ音楽療法協会の元理事長であり、1999年第9回世界音楽療法大会では科学委員会の委員長を務めた。
受賞歴 : 全米音楽療法協会による研究・出版賞、テンプル大学による優れた教育に対するリンドバック賞、ニューヨーク大学による優れた教員に対するシュタインハード賞。現在は、自閉症スペクトラム障害を持つ成人対象の、日常における音楽使用について研究している。