第20回日本音楽療法学会学術大会 講習会要旨

集団歌唱音楽療法 治療構造としての歌と声と伴奏の読み込み

こよなく歌を愛する日本人にとって声を合わせて唱和する歴史は深い。和歌から今様、念仏、民謡など生活の中で欠くべからざるものであっただろう。近現代においても「うたごえ運動」や合唱ブームは衰えるところを知らない。音楽療法の様々な領域においても、集団歌唱療法は日本独自の発展と効果を上げている。集団歌唱音楽療法ではどのような目的のために題材となる様々な大衆歌が使われているか、そしてその音楽の働きをどのように読み込むか考えたい。集団であることの複層的な治療構造、即ち能動でもあり受動でもある活動の構造を読み解き、その利点・安全性、また欠点と危険性を考える。そして伴奏者であり音楽的な導き手である音楽療法士の役割と求められる職業的能力を考えていきたい。

プロフィール

東京藝大声楽科卒。輔仁会大宮厚生病院・国立精神神経センターを経て高仁会戸田病院にて精神科音楽療法実践。東邦音大学・洗足学園音大を経て平成音大講師。日本臨床音楽研究会長。日本臨床音楽療法学会理事。認定音楽療法士。青音楽研究所代表。