第20回日本音楽療法学会学術大会 講習会要旨

多感覚に使用する音・音楽Ⅱ~セラピーの実際を通して~

本オンライン講習は、セラピーの実際を通して、多感覚に使用する音・音楽について考えるものである。音や音楽を多感覚に感じ取るというキーワードを手がかりにして、セラピー場面を想定して、音や音楽を身体感覚や聴覚、視覚、触覚等の様々な感覚と結び付けて使用する方法や実践例の提示を行う。心身リズム・テンポのバリエーション、コミュニケーション、自己表現、感覚の統合等、セラピーの目的に合わせた、音や音楽の使い方の可能性を探る。また、音や音楽を通したプレイの視点を取り入れ、プレイフルな体験がヒト・モノ・コトと繋がることの喜びや心的なエネルギーと繋がっていることを体験できるような方法を提示したい。音から音楽へ、音楽から音へという音楽を生成するプロセスの体験を通して、これらの持つセラピー的な意味についても考えたい。初の試みであるが、オンラインを通して、参加者の方々と共に音楽を創造できる瞬間を模索したい。

プロフィール

国立音楽大学卒業。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。博士(人文科学)。日本音楽療法学会認定音楽療法士、代議員。臨床心理士。宮崎国際大学学長。著書『音と人をつなぐコ・ミュージックセラピー』(中島恵子共著)春秋社:2002、『音楽療法ハンドブック-看護と福祉領域のための-』(共著)星雲社:2014。