第20回日本音楽療法学会学術大会 講習会要旨

音楽中心音楽療法 ~理論と実践~ I・Ⅱ

ケネス・エイゲン

Music-Centered Music Therapy: Theory and Practice

Most music therapy theory has been created from nonmusical areas such as psychoanalysis, behavioral learning theory, neuroscience, and various developmental and psychotherapy frameworks. Yet, there has been another stream of development in music therapy that draws primarily from ideas about music in creating theory. These beliefs and practices place primary emphasis on musical processes and the term music-centered summarizes their common element.

Theorist Gary Ansdell has written that “music therapy works in the way music itself works.” This simple but elegant notion is at the core of music-centered music therapy and this talk will explore a number of facets of this approach, including underlying beliefs, values, theories, practices, and social implications. Many clients in music therapy are motivated primarily by a desire to engage in music, not to achieve goals in nonmusical areas. The ideas presented in this talk take these client preferences as a starting point and provide a rationale for music therapy clients and therapists who choose to focus primarily on musical experience and expression.

音楽中心音楽療法―理論と実践

音楽療法理論の多くは、精神分析、行動学習理論、神経科学および様々な発達理論や心理療法の枠組みといった音楽以外の領域を元に創られている。しかし、音楽療法の発展において、理論構築に音楽そのものの要素を主要に使うという別の潮流がある。これらの信念や実践は、音楽プロセスに主眼を置き、「音楽中心」という表現が共通要素を示している。

音楽療法の理論家であるゲイリー・アンスデルは、「音楽療法は、音楽そのものがもたらす効果を、もたらす」と述べている。このシンプルだが洗練された概念が、音楽中心音楽療法の主軸にある。本講習会ではこのアプローチの多面性について、理論と実践および社会的関連性を紹介しながら、探索する。音楽療法における多くのクライエントが、非音楽的領域のゴールを達成するということではなく、音楽の中に没頭したいという一次的な動機によって参加する。本講習会では、クライエントのこのような選択を起点とし、音楽体験と表現に主軸を置いた音楽療法のセラピスト-クライエント関係の枠組みを考える。

プロフィール

Dr. Kenneth Aigen is an associate professor and director of the music therapy program at New York University. He has lectured internationally and authored numerous publications on Nordoff-Robbins music therapy, qualitative research, and music-centered music therapy. He has three books in translation: Paths of Development in Nordoff-Robbins Music Therapy (Japanese & Korean); Music-Centered Music Therapy (Japanese & Korean); The Study of Music Therapy: Current Issues and Concepts (Chinese & Korean). Dr. Aigen is president of the Nordoff-Robbins Music Therapy Foundation and a Trustee of Nordoff-Robbins International. He is also a past–president of the American Association for Music Therapy and was the scientific committee chairman for the Ninth World Congress of Music Therapy held in Washington, D.C. in 1999. Honors include the Research and Publications Award from the American Music Therapy Association, the Lindback Award for Distinguished Teaching from Temple University, and the Steinhardt Award for Excellence in Teaching from New York University. His current research is focused on the everyday uses of music by adults on the autism spectrum.

ケネス・エイゲン博士は、ニューヨーク大学音楽療法学科長および准教授。世界各地で教鞭を執り、ノードフ・ロビンズ音楽療法や質的研究、音楽中心音楽療法に関する著書が多数ある。
邦訳本 : Paths of Development in Nordoff-Robbins Music Therapy (日本語と韓国語):障害児の音楽療法-ノードフ・ロビンズ音楽療法の質的リサーチ、中河豊訳、ミネルヴァ書房、2002;Music-Centered Music Therapy (日本語と韓国語):音楽中心音楽療法、鈴木琴栄:大裕共訳、春秋社、2013; The Study of Music Therapy: Current Issues and Concepts (中国語と韓国語):音楽療法の研究-理論と課題-。
役職 : ノードフ・ロビンズ音楽療法基金の理事長、世界ノードフ・ロビンズ音楽療法トラストの役員。また、旧アメリカ音楽療法協会の元理事長であり、1999年第9回世界音楽療法大会では科学委員会の委員長を務めた。
受賞歴 : 全米音楽療法協会による研究・出版賞、テンプル大学による優れた教育に対するリンドバック賞、ニューヨーク大学による優れた教員に対するシュタインハード賞。現在は、自閉症スペクトラム障害を持つ成人対象の、日常における音楽使用について研究している。